新商品『シャネツトップワンSi-JY』リリース!

アステックペイントタイランドを設立して、2年半以上が経過しました。

将来的には、日本と同じように塗料の製造工場を設置し、タイ国での塗料の製造・販売を目指していますが、まずは、日系製造業企業向けの工場塗装から事業をスタートしました。
バンコクに進出して20年程経つ日系企業の製造工場が多いため、修繕工事のニーズは非常に高いと思います。しかし、現地で工場塗装のニーズに応えられる企業は少なく、そこにチャンスを感じたというのが進出のきっかけでした。

しかしながら、我々がメインターゲットとしているタイ国市場における自動車産業の景気は、過去20年間で最悪の状態と言われています。経済の成熟化、政策の失敗、政治不安からデモが続き、軍事政権の誕生、さらには海外からのテロなどあらゆる要因が重なり、自動車産業の景気は低迷し、どの工場に訪問しても、否定的な話ばかりを聞くような状態です。

しかし、塗装の魅力は、どんなに景気が悪くても、ある一定量の塗装工事が確実に発生することです。漏水対策のための防水工事、暑さ対策のための遮熱塗装工事、床メンテナンスのための床塗装工事など、塗装工事は必ず必要とされます。日本国内においては、昨今、ここ数年過去最高記録の業績を出す大手製造企業も多く、業績が良い企業は設備投資を増やすため、工場の修繕がさらに積極的に行なわれる時代になっています。つまり、工場向け塗装市場は、景気に左右されにくい、魅力的な市場であるということです。

そこでアステックペイントでは、工場向け塗装市場でさらにシェアを勝ち取れる製品ラインナップを揃えるべく、7月(予定)に、新商品『シャネツトップワンSi-JY』をリリースする運びとなりました。

『シャネツトップワンSi-JY』は、弱溶剤形二液金属屋根用遮熱シリコン系上塗材です。最大の特徴は防錆プライマーを必要とせず、金属屋根に本製品を2回塗るだけで、防錆効果と遮熱効果を発揮できることです。防錆プライマーが不要なため、工期の短縮と改修コストの削減が期待できます。
防錆プライマーを省くことで、防錆効果を懸念される方も多いかと思いますが、一般錆止め試験(サイクル腐食性試験36サイクル)には合格しており、金属屋根用塗料としては十分な防錆性能を有しています。現在は、さらに橋梁等で使用される錆止め試験(120サイクル)の手前の90サイクルにチャレンジ中と、一般的な防錆プライマー以上の性能が期待できるトップコートとなります。

そして『シャネツトップワンSi-JY』の最大の魅力は、価格競争力です。工場の遮熱塗装では、請負金額の安値は 1,300円 /㎡前後になることがあります。この場合、粗利益を出すのが難しい状況に陥りがちですが、『シャネツトップワンSi‐JY』であれば、材工原価は 800 円 / ㎡になることが想定されるため、約 40% の粗利率が実現できます。

『シャネツトップワンSi‐JY』がラインナップに加わることにより、アステックペイントでは工場塗装向けに以下の提案が可能となります。
① 長く遮熱効果を維持したいニーズに対しては、『超低汚染リファイン500Si‐IR』による超低汚染遮熱
塗装のご提案
② 安値遮熱塗装に対するニーズに対しては、『シャネツトップワンSi‐JY』による遮熱塗装のご提案

幅広いニーズに対応できるアステックペイントの塗料ラインナップを、ぜひ工場塗装向け営業にご活用ください。